ロスカットについて

| コメント(0) | トラックバック(0)
まずロスカットについて一番に言いたいのは、
ロスカットはためらわない!ほうが良いということです。

ロスカットをためらってロスカット率を下げてしまった場合には、
余計な損失をうむことになってしまいます。

余計な損失を生まないためにも、ロスカット率は一定に保ち、
いざロスカットになってしまった場合にもいさぎよくロスカットされましょう!!

ロスカットはあなたの取引口座の証拠金を
保全してくれる最後の手段となります。

このロスカットがなければ、あなたの財産が
ロスカット率以上に失われていくことになりますので、
そのロスカット率は通常のままで維持しておくのが良いでしょう。

ロスカットをためらい成功することはあると思いますが、
ごくまれな状況ですので、ロスカット水準がもう目の前に
来ている状況であれば、心を入れ替えて新規に取引を
やり直すつもりでいさぎよく損切り注文を出しましょう!!!

それが最善な選択肢の一つだと思います。

またもし、その後逆方向に進んだとしても悔やむことは、
今後の取引に影響しますので悔やむことは絶対にしないようにしましょう。

といっても人間そんなに強くないですよね。。。
でしたらFX口座の保証金は余裕資金で取引するか、
損きり注文が自分自身で出来ないのでしたら、
ロスカットされてもいい金額しかFX口座には入れておかない、
と言う方法もお奨めです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.natsume-shoten.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、natが2013年2月19日 18:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SBI FXトレードの評判は?」です。

次のブログ記事は「分散決済で損小利大」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。