為替の横ばいは、長い

| コメント(0) | トラックバック(0)
世界経済は、
各通貨の流通バランスで
成り立っていると言えます。

ある国が景気が良くなってくると
その国の通貨が買われ始めます。

そうすると為替価値が上がっていくので、
FXで言う上昇トレンドラインのスタートです。

でも為替の動きは、
いつも上昇や下降トレンドを
描いていくものではありません。

横ばい状態が為替の動きの基本で、
為替レートは横ばい状態を続けながら、
次の動きに向けてウォーミングアップをしていると考えられるのです。

そして横ばい状態が
長ければ長いほど
次に起きる上昇
あるいは下降トレンドは、
より大きい動きになると言えるのです。

長いウォーミングアップ時期に、
動きのエネルギーが溜まっていくので、
大きく動くのです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.natsume-shoten.com/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、natが2015年3月10日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最初は会社選びからスタートのFX」です。

次のブログ記事は「損きりのタイミング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。