損きりのタイミング

| コメント(0) | トラックバック(0)


初心者のFXは負けの連続で、

ともするとFX会社のロスカットによって
証拠金をどんどん減らされていくことになっていきます。

ですからFXの基本は
自分で証拠金を管理する
損きりのタイミングをどうするかなのです。

損きりをしないで
そのままにしておいても
損失が戻ってくる可能性はないことはないのですが、

大体において負けが込んでしまって、
証拠金の維持どころではなくなってしまうのです。

ですからFXを安定して行っていく方法としては、
損切りは早めのタイミングでまめに行っていかないといけないのです。

損きりを早めに行って、
次のトレードでチャンスを呼び込んでいくべきなのです。

FXをやっていく上では、
負けをいかに少なくできるかなのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.natsume-shoten.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

このブログ記事について

このページは、natが2015年8月28日 14:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「為替の横ばいは、長い」です。

次のブログ記事は「自動売買システムで本当に勝てるの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。